通販を使えば、全国のグルメがお取り寄せできる時代。

取り寄せた食材を調理した時のエピソード

取り寄せた食材を調理した時のエピソード

通販を使えば、全国のグルメがお取り寄せできる時代

■ 53歳 男性
通販を使えば、全国のグルメがお取り寄せできる時代。我が家でも北は北海道、南は沖縄まで、これまでの旅先で出会ったその土地ならではの食材をお取り寄せしています。
その中で、B級レベルで、月に複数回はいただくのが、沖縄そばを使った焼きそばです。
沖縄の平たい麺を使ったもので、沖縄では必ず見かけるスパム、ランチョンミートを使った焼きそばです。

最初の出会いは那覇空港の1階の片隅にある空港職員が使う空港食堂でした。
平たい麺にソースが絡み、鰹節をたっぷり載せた素朴な味がいたく気に入り、年に何度か沖縄の物産を通販するサイトからまとめ買いしています。
麺は生めんを買うときもありますが、賞味期限が短いので大抵は乾麺です。
スパムの缶詰とともにお取り寄せしています。ともに年をまたいでの賞味期限なので、もしもの時の非常食にもなりそうです。

沖縄そばの乾麺を茹でて、水切りして、後は普通の焼きそばと同じ要領で調理します。最初の頃はかつおだしの効いたソース付にしていたのですが、今は普通に本土で手に入る大手メーカの中濃ソースを使い、最後にかつおぶしをたっぷりかけるだけです。
加える野菜はキャベツと人参、玉ねぎで、たまにゴーヤを使うときもあります。麺が平たいので、満腹感も得られやすく、スパムの素朴な味が癖になる焼そばです。