昨年の冬に祖母からカニが送られてきたので、早速そのカニの甲羅の中から身をとり、余った甲羅は全部捨てようと思いました。

取り寄せた食材を調理した時のエピソード

取り寄せた食材を調理した時のエピソード

昨年の冬に祖母からカニが送られてきたので

■ 28歳 男性
昨年の冬に祖母からカニが送られてきたので、早速そのカニの甲羅の中から身をとり、余った甲羅は全部捨てようと思いました。

しかし、その時にふととあるテレビの料理番組にてカニの甲羅にも十分旨みがあって、それをダシに使用すると良いというような事を耳にしたのを思い出したのです。

確かにこのカニの甲羅を使ってダシをとったり、ソースを作ることができたりするというのは、前々からやんわりと知っていました。

しかしその調理工程を知らず、面倒だからという理由で、いつもカニの甲羅は捨ててカニの身だけを食べていたのです。

でも、毎回甲羅を捨てるのがもったいないという気持ちもどこかにあったので、今回はこの甲羅を使ってダシを取ることにしました。

とりあえず料理本を見て作ってみて、すまし汁とカニのだしで炊いたかにご飯を作ることにしたのですが、これがどちらも料亭で出てきそうな味わい深い物になっていましたね。すまし汁だと高級な香りが漂ってきますし、かにご飯も醤油などの調味料がすごく生かされているような感じがしました。
少々面倒ではありましたが、甲羅も捨てずに調理して大正解でした。