私の「取り寄せた食材を調理した時のエピソード」はオイシックスの有機野菜でした。

取り寄せた食材を調理した時のエピソード

取り寄せた食材を調理した時のエピソード

私の「取り寄せた食材を調理した時のエピソード」はオイシックスの有機野菜でした

■ 65歳 女性
私の「取り寄せた食材を調理した時のエピソード」はオイシックスの有機野菜でした。

私たち一家は農家とは無縁で、それまで、有機栽培の野菜を食べたことがありませんでした。

しかしある日、母が病院で、医者に「血圧を下げ、糖尿病を防ぐためには、もっともっと野菜を多く食べるように。野菜中心にしなさい」といわれました。

ところが母は、甘党な上に大の肉食で野菜など大嫌い。特に「野菜は味気がないのでおいしくない」と食べませんでした。
そこで、夫と相談したところ、「そうだ、有機野菜ならおいしいらしい」というので、調べて、オイシックスから有機野菜を取り寄せて食べることにしました。
なぜならこの会社は、無農薬または低農薬野菜を厳選して送っていると聞いていたからです。
私がよくわからないままスーパーで有機野菜を買ってくるよりも失敗する確率が減ります。
さっそく取り寄せて箱から取り出すとまず、土のいい香りがしました。
「あ、なんか元気になりそう」と母親が目を丸くして見ていました。
その中のきゅうりやトマトをそのまま食べてみると、ものすごく甘いのです。
これが本当の野菜だと思いました。

その後、それらにツナをまぶして野菜サラダにして食べました。
さらにその残りを同封の有機玉子と一緒に炒めて、野菜炒めに調理しておいしくいただきました。
野菜嫌いな母もこれなら大喜びでした。
取り寄せた食材を調理するということは、「産地直送」で「旬」という、本当のものが食べられるのだとつくづくわかりました。
本物を使って母の健康を取り戻してあげようと私まで元気になりました。

注目情報